娘のクッキーづくり

先日、娘が「パパにクッキーを作りたい!」と言い出しました。
そういえば、もうすぐパパの誕生日だもんねぇ。
娘Loveのパパのことだし、きっとメロメロになるにちがいない…フフフ。
という事で、久しぶりに娘とクッキーを作ることに。

前回娘と作ったときは、私が生地を作って娘が型抜きをしたんだけど、今回は計量からバターを練るところまでが私。
いろいろ混ぜていくところから娘が担当しました。
………、手つきがおぼつかない。
そこ、粉が混ざってない…
ああ、気になる…
でも、「自分でやるからママは見てて!」という娘の言葉に手が出せず。
結局、ラップで包むときにササッと粉をなじませて冷蔵庫へ。

今度は伸ばした生地を型抜き。
型抜きも微妙なコツがありますね。
ああ、そこはもっとグリッと…
そんなに引っ張ったら、生地がちぎれる…
一回一回いろいろ言いたくなることをぐっと我慢して、自分でやったほうが早い!という衝動を抑えて。
オーブンに入れて焼くころには、普段の10倍は消耗しました(笑)

見守るって難しいですね。
でも、自分でやり遂げた(と思っている)娘は大満足!
かわいいラッピング袋に詰めて、プレゼント完成。
娘からの思わぬプレゼントに、仕事から帰ってきたパパもデレデレ。
「おいしいね~」と言いながら、全部食べていました。

「今度はわたしが最初から全部作るね」と言っていた娘。
こうやって成長していくんでしょうね。

Categories: 静かなる思い